抜け毛対策NAVI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

抜け毛と髪の毛の質と本数

よく、硬い髪の毛の人は禿げないとか、髪の毛の多い人は禿げないとか言われていますが、髪の質や本数は、本当に抜け毛に影響するのでしょうか。

まず、髪の毛の質について、考えてみましょう。

抜け毛の原因の一つには、頭皮の地肌の問題が大きくかかわっています。髪の毛が柔らかい人の場合は、頭皮がデリケートで地肌が弱い人が多いようです。このため、ダメージを受けやすい場合が多いといえます。逆に髪の毛が硬い人の場合は、髪の毛の質も地肌も丈夫な人が多いので、抜け毛も少ないと考えられます。

また、髪の毛の本数について、考えてみましょう。

髪の毛の成長サイクル上で、自然に抜ける髪の毛の本数はある程度決まっています。ですので、髪の毛が多いと、抜けても、残る髪の毛の量は人よりも多いと言えます。そのため、やはり髪の毛の本数が多い人は、禿げにくいと言えそうです。


スポンサーサイト
2010-12-02 : 抜け毛とは : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

抜け毛の予防:髪の毛が細くなる年齢

髪の毛が細くなる年齢について理解し、抜け毛の予防に役立てましょう。

ある程度の年齢になると、髪の毛は細くなり始めます。男性の髪の毛が最も太く、コシが強い時期は、15~19歳ごろで、20歳を過ぎてくると、年齢とともに、髪の毛は細くなっていくと言われています。

髪の毛が細くなるのは自然の流れなので、とめることはできないのですが、頭皮を清潔にしておくことによって、髪の毛が細くなるスピードをある程度、落とすことができ、抜け毛の予防ができるようです。

逆に言えば、頭皮を不潔にしていると、ヘアサイクルが速くなってしまい、その結果、髪の毛がどんどん細くなり、抜け毛も増えることになります。

このようなことから、常に頭皮を清潔に保つようにして、髪の毛が細くなるスピードを抑えることも、抜け毛の予防には必要だと言えるでしょう。

2010-12-02 : 抜け毛とは : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

発毛とは

髪は「毛幹(地肌から見えている部分)」と「毛根(頭皮に埋もれている部分)」に分けられます。普段は表面に出ている毛幹部分を髪と呼んでいますが、実際の発毛は毛根で行われています。

毛根には毛球という部分があり、毛球にある毛母細胞が分裂し、成長することで髪となります。毛母細胞に十分な栄養が行き届かないと発毛できなくなりますので、栄養を送る頭皮の毛細血管の役目は非常に重要になります。

育毛効果のために頭を刺激するマッサージがありますが、これは頭皮の毛細血管を刺激して血行をよくするために行っているのです。

また発毛にはサイクルがあり、発毛してから抜け落ちるまでを「ヘアサイクル」と呼んでいます。ヘアサイクルは大きく3つの時期に分かれます。

■成長期(3~5年)・・・髪を新しくつくり始める時期。この時期に古い髪は抜け落ちる。髪の毛全体の80%~90%が成長期にあたる。

■退行期(2~3週間)・・・髪の成長が弱まる時期。この期間は短く、髪の毛全体の1%がこの退行期にあたる。

■休止期(3~4ヵ月)・・・髪の成長が完全に止まってしまう時期。髪の毛全体の10%~20 %がこの状態にあたる。

2010-11-24 : 抜け毛とは : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

髪の毛のつくり

髪の毛は肌の角質層が変化してできたものです。髪の主な成分は蛋白質で約20種類のアミノ酸によってできています。

髪は肌の細胞が変化したものではありますが、髪の毛自体は生きた細胞ではないため一度ダメージをうけると簡単に修復することはできません。そのためヘアケアというのはとても大事なことなのです。

髪の生成には頭皮から栄養分をもらって行っていますが、必要な栄養分が不足したり、頭皮の血行が悪くなったりすると髪が正常に生えなくなり抜け毛の原因になります。

2010-11-24 : 抜け毛とは : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

検索フォーム

おすすめ抜け毛情報

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめリンク


track feed 抜け毛対策NAVI


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。